枝の整理完了2023年03月25日 16:10

 枝の整理完了 (3月25日 記)


 先日、枝山の整理をほぼ終えたのだが、太めの枝がまだ山になっていた。持てるサイズの枝を仮置き場まで運んだ。大人3人で1日かかった。


 この山を竹棚に積めば、枝の整理は完了する。手前に竹棚を新たに追加した。今度の枝は重いので、径10センチぐらいの竹を5本ならべた。長さは4メータぐらい。これで余裕で積めると思ったが、結構ぎりぎりであった。


 積み上げた太枝、右側2列、左1列で収まった。頂点の高さは160センチぐらいになった。


 正面からみたところ、奥が墓。


 梅雨入り前にやらねばと気になっていた作務は、皆さんのおかげで始末できた。

 今年は一段落したが、来年も大木の伐採を予定している。木は建物のすぐ脇に生えている。今度はクレーンの設置場所がないので、かなり苦労しそうである。大きさはこれまでと大差ない。

 プロによると木は一年ごとに確実に太く、重くなるとのこと。伐採するなら先延ばしにできない。このことを思うと、うっとうしくなる。

 来年のことなど春に考えてはいけない。とっくに梅の花は散り、田の草は動き出している。すぐに、夏草とのバトルが始まるのだ。

 自然との共生は並大抵ではない。畑のあちこちにジャーマンアイリス、カンナ、スイセンなどの花、大根、ナタネ、らっきょなどの野菜類が野放し状態である。

 もっとも自然農法をあきらめて、何も考えずに、片っ端から刈りまくったら大したことはないのだが。この季節になると毎年、区画整理を考えるのだが、実現しない。

 なぜか、考えるのが遅い。秋にやらないと植物の根が動いているので、植え替えが効かん。その前に青写真が無いではないか。そうか、今から秋に向けて構想しよう。半自然農法計画でどうかな・・・



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://aaji.asablo.jp/blog/2023/03/25/9571988/tb